ホーム > エリア > 思春期に感じた居場所の無い気持ちと自立できない悔しさ

思春期に感じた居場所の無い気持ちと自立できない悔しさ

私が初めて家出をしたいと思ったのは、14才くらいの時でした。 何故だかわからないけど、親の言っていること全てに反発したくなったのです。親の言っていることは間違っているんだと思い込んでいました。 毎日朝から喧嘩がはじまり、挨拶もせずに寝てしまうといった生活が続いていました。 そんな状態ですから、もちろん家には居たくなくなります。 家に居ても喧嘩ばかりで、学校に行っても勉強と部活だけの生活。 そんな時期が一番家出したいと思っていた時期です。 今思い返すと、親から自立したいという気持ちと、親から自立できなくて悔しいといった感情が混ざり合って、親は私のことを理解してくれていないという被害妄想にとりつかれていたような気がします。 また、親は仕事で忙しく、親自身に余裕がなかったため、私たち子供の悩みや相談などを聞く暇がなかったように思います。そんな環境も、子供が家出したいと思うようになる原因の一つではないでしょうか。 放浪

関連記事

  1. ポジティブな女性

    姿勢が良く言葉使いも良い女性、性格的に前向きな姿勢が感じられる女性だと思います。...

  2. 見られることがいい刺激になり足痩せ効果発揮

    ミニスカートや短パンなど足がたくさん見えるものを着用していると足痩せ効果があると...

  3. 自分で応対

    特定調停という方法も任意整理と同じようにそれぞれ債権を有する者への債務の返済を継...

  4. 思春期に感じた居場所の無い気持ちと自立できない悔しさ

    私が初めて家出をしたいと思ったのは、14才くらいの時でした。 何故だかわからない...

  5. テスト

    テスト記事です。...